マンション売却では不動産会社と二人三脚で成功しました。

気持ちよく売買

売却検討二人三脚気持ちよく売買

そして最後は価格設定です。
わかりやすく言うと、相場価格にリフォーム代を上乗せし、それに若干の手間暇代をプラスしました。
売り出し広告は、リフォーム着手の段階で行ったのですが、リフォーム完成時に不動産屋さんとさらに確認し合ったのは、根切交渉には一切応じないという姿勢です。
これは自分たちが前述した購入物件の際に学んだことであり、売却を急いでいるわけではく、一度設定した価格は儲け本位でもなければ、安売りのためでもないので、そのことを貫こうということからのものです。
何件か引き合いがあり、都度不動産屋さんが連絡をくれましたが、値切りについては、申し訳なさそうに「価格は安くできないですよね」とお隣のお客様を意識しての発言のような感じでした。
そして本格的に欲しいという人が現れました。
間取り、人の動線、部屋の色合いなどすべてが気に入ったので、早速契約したいということでしたから、すぐOKの返事をしました。
契約間際に値下げ依頼がありましたが、断りました。
最終的には今でもその方と仲良くお付き合いしています。

マンション売却では不動産会社と二人三脚で成功しました。 / マンション売却を成功させるコツ