日照不足と骨粗鬆症の関係について

日照不足と骨粗鬆症の関係について

私たちの体を支えているのが骨です。この骨の中身がスカスカの状態になってしまう病気を骨粗鬆症といいます。この病気になってしまうと、日常生活を当たり前のように送ることも難しくなってしまう可能性もあるのです。時には寝たきりの状態になってしまうことだってあるのです。

 

骨粗鬆症の原因として考えられるのは、骨にとって必要とされるカルシウムが不足してしまっていることです。その原因としては様々なことが考えられます。その中でも今回は日照不足について深く追求していきたいと思います。どうして日照不足が骨粗鬆症になってしまう原因になるのでしょうか?また日照不足にならないよい対策方法はあるのでしょうか。

 

仕事中はずっと屋内。休日は外出もせずに自宅でずっと過ごしている。こういった生活を続けていると、どうしても日照不足になりやすいといえるでしょう。日照不足になってしまうと、ビタミンDが欠乏するようになります。

 

ビタミンDというのは、体がカルシウムをしっかり吸収していくための助けになっている物質でありますので、欠乏してしまうと骨の強度が弱くなっていき、骨粗鬆症にもなりやすくなります。昼間、日に当たる機会があまりない方は、骨粗鬆症に十分に注意していく必要があるでしょう。

 

日照不足による骨粗鬆症を避けるための方法としては、できるだけ日に当たる機会を増やしていくことでしょう。毎日最低でも一回は必ず外出し、日に当たるようにしてください。またこちらも参考に:骨粗鬆症に良い漢方薬はある?

メニュー
最新記事